車売る 廃車買取クルマ star

車売る 廃車買取クルマ star

車売る 廃車買取クルマ star

車売ることができるのは年式が新しい、走行距離が少ない、現行の人気車種ぐらいと思っている人も多いものですが、売るだけであればどんな車でも売ることは可能です。

 

金額的な面で言えば過走行や低年式に不人気車種は、いい値段はつきづらいものです。

 

しかし、あくまで高値になりづらいだけなので、ただ廃車にしたり人に譲ったりするよりも売りに出したほうがいくらかのお金が戻ってくるためお得です。

 

どれだけ状態の悪い車であったとしても使いまわすことができるパーツはたくさんありますし、金属部分に関しては車種は関係ありませんから鉄くずとしての価値は残っています。

 

日本では見向きもされないような車でも、海外からすれば非常に魅力的な車に見えることもあるので海外に販路を持っている買取店では、このような車も買い取ってくれます。

 

特に最近は様々な買取店が増えてきていることによって、今まで値がつかなかったような車でも売りやすくなっています。

愛車を廃車にするには廃車費用がかかります

愛車を廃車にするには廃車費用がかかります。

 

車種などによって費用が異なるので一概に幾らとは言えませんが、目安としては1万円~2万円ほどかかるとされています。

 

払うのが難しい金額ではないものの処分費用がかかると余計に重い腰が上がりませんよね。

 

そこで無料で処分できる方法があります。それは車買取りです。

 

車買取りとは文字通り、乗らなくなった自動車を中古車(廃車)買取業者が買い取ってくれることです。

 

潰してしまうような状態が悪い車でも買取りが可能なので査定してもらわない手はありません。

 

基本的には状態が悪い自動車でも少なからず価値が残っているので僅かでも査定額が付くとされていますが、中には査定額がつけられない自動車も存在します。

 

しかし、そんな車も買取業者によっては無料で引き取ってくれるため、自分で廃車にするよりはお得でしょう。

 

損をしない処分するためには、複数の廃車買取業者の査定を受けて比較してみてください。

事故車の買取について

事故車とは、広域的に言えば事故を起こした自動車のことをいいます。

 

自宅の塀にぶつけてバンパーが凹んだ、少し擦ってしまい傷ができたなどすべて含まれます。

 

しかし査定上では事故車の定義は少し変わり、自動車の骨格部分を修復した場合に適用し、査定額に影響してくることになります。

 

正確には事故車とは言わずに修復歴のある自動車といいます。

 

そのため、修繕や交換していない自動車はもちろん、修繕や交換した自動車でも骨格まで影響していない場合は事故車とは言いませんので、車売る時に査定額に影響することもないでしょう。

 

ただ、こうした知識を持っていないと足元を見られて安く買いたたかれてしまう可能性があるので注意が必要です。

 

逆に修復歴を隠して買取契約を結ぶと瑕疵担保責任のトラブルに合う可能性もあるので、修復歴がある場合は査定時に必ず報告しておきましょう。

 

自己申告があってもなくても瑕疵担保責任は避けられませんが、申告することでリスクは減ります。

page top